どれにする保存水

今や保存水は非常時のグッズの代名詞になっています。

保存水を買う事について

保存水とグーグルで検索してみると、アマゾンや楽天市場等で、アルプスの水や富士山の水を購入する事ができます。東日本大震災の際に水道管の破損などで、水道水の色が変化し、飲み水として使用ができなくなる事が起きました。

地震対策として、保存しておく、水や食料は確保しておくべきです。地震対策といっても、地震の被害があるなしに関わらず、用意しておいた方が無難だと考えられます。なぜなら余り地震の被害を受けていない地域でも実際に東日本大震災の際に、地震が起きた後に、地震への備えをすぐにすべき、という考えが広まり、非常食や飲み物がスーパー等から無くなるという現象がみることができたからです。

しかし、保存水について、実際にわざわざ買う必要性があるかは、考えさせられます。飲み終わったペットボトル等を丁寧に洗い、中に水道水を詰めておくだけで、非常時の飲料水等に利用する事ができます。地震対策として買った飲料水よりも、普段から利用している水道水の方が、身体にかかるストレスは少なくなると思われます。

実際に、普段軟水を飲んでいる方が、旅行や仕事で海外に行った時に、硬水を飲み、体調を崩すといった事はよくある事のようです。

災害時は、普段よりも、精神的、肉体的にストレスが増加します。満足に風呂に入る事も困難になり、なれない仮設住宅、無遠慮な質問をしてくるマスコミ、そして空調設備がない事による室温からくるストレス。簡単に上げただけでも、これだけのストレス要因と向かい合わなければなりません。

また、大切な方が亡くなってしまったり、思い出の品の消失、家がなくならなくても、部屋が空き巣に荒らされたかのように散らかっている現状、自分は何も被害を受けていなくても、自分の周りの人が悲しい思いをしている状態といった、精神的な負担とも向きあわなければなりません。

そのため、できるだけストレスを自分に与えないように努力する必要があります。
実際に普段利用している水をペットボトル等に保存しておく事で、急に飲み水を変化させる負担を身体へ与える危険性を軽減する事ができます。

もちろん、普段利用している水を使うデメリットも存在します。
普段利用している水は保存水よりも保存ができません。保存する事が目的で作られたため、当たり前の事なのですが、時々、中の水を完全に入れ替える等をして、災害に備えなければいけません。
微生物等が繁殖しないように注意も必要になります。
普段利用している水を利用するデメリットも考慮して、災害に備える事が重要です。